独り言

愛されている女性は男性に言っていいこと悪いことをわきまえていますね。

彼の機嫌が悪くて八つ当たりされても、他で彼の悪口を言うより、

「疲れているんだから、応援してあげよう!」

って、考えてみましょう。


「仕事ぐらいのことで、グタグタ言うなよな・・・・」ってなふうに考えるのと雲泥の差。

いつもいつもいかないかもしれないけど、そうゆうふうに訓練すると

慣れていくもの。

心の状態を平穏に保つことで、恋愛運がぐっとアップ。

愛される女性になりますよ。

愛されたいと思う男性だけにですけどね・・・・。

恋のチャンスそのものは日常生活の中にたくさんあります。

恋愛運が悪いとか、自分に魅力がないとか、、、そうゆうことではありません。


ほとんどの場合は、自分自身が恋に対して積極的ではないからなんです。


目の前に恋のチャンスがあってもそれを掴もうとしないし、自らアクションを起こして出会いを求める努力もしていないことのほうが多いいんですね。

じっとしてても王子様は現れませんね。

スクールやセミナーなど活動の範囲を広げることで出会いのきっかけを探すのもいいですし、

もっと簡単に、出会い系サイトを利用してもいいでしょう。
登録している男性何人かと会うなんて、カンタン!つかってみればけっこういい人ばっか
って感じる女子が増えているよ。
なんでも、なんにもしないってのがいけないよね、人生楽しまないと・・・・

出会い系を利用することで、恋のチャンスは格段に広がります。

登録すれば、日本中の男性の中から、年収、学歴、職業、性格など、

様々なデータに基づいて、あなたにピッタリの男性をピックアップしてくれます。

こうゆうシステムをうまく利用しないなんてありえません。


男性と実際に会うかどうかは、自由な意思で決めることができる。

出会い系サイトは、男性との出会いが少ない女子もそうですが、

より出会いの幅を広げたい恋に積極的な女の子にもオススメです。

おまけに、この世は女の子が無料のサイトばかり^^。

めいっぱい使って、クリスマスもバレンタインも夏休みも楽しもうね。


大切です。いつも積極的であること。

これが人生を変えます。

たとえば、ちょっと旅先やレジャーで何気に気の合う男性に出会うことだってありますし、

さまざまな体験スクールやセミナーに参加したら、あるきっかけで仲良くなった男性と

ステキな恋愛ができることだって十分にありえます。

私の友達の友達は、道を聞かれたことをきっかけに結婚しました。

もちろんナンパじゃなく栃木から出てきた男性に、東京で道を聞かれたのがきっかけだったとのこと。

何が起こるかわかりません。いつも積極的に考えていましょう。

恋にこだわらず、いつも前向きに考える習慣を持つということですね。

恋のチャンス、出会いのきっかけ。限定してませんか。。


通勤・通学している会社(アルバイト)や学校、合コンやパーティー。

その他には、同僚や友達の紹介などがあげられるでしょうか。


一番身近な恋のチャンスは、会社や学校です。

でも、身近にあるチャンスゆえにめぐり会える男性も、社内や校内にいる限定的な人に限られてしまいます。

会社や学校といった狭い範囲でしか恋愛を考えていない人にとっては、恋のチャンス少ないよ。

すこし広げてみては・・・・

普通の女の子なら普通の男性とめぐりあうものなんだよ。。。
まともな男性と思ったなら積極的に会っていこう。

女性の気持は複雑なんですよー


女心と秋の空。

良く言いますがその通り。
ぱぱっと忘れるところがあります。
それと、女性は体調によって気持に影響を与えます。
体調の変化が男性よりおおきいかもしれませんね。
いわゆる日々の振幅というか季節とか気持ちとかも・・・
女性は、時の変化や環境の変化には対応できるけど、
日々の変化は男性よりも大きいってことなんですね。

最近では女性のために女の子を意識したサイト作りができているところが
やっぱり人気なんだね。ごくごく普通の女子がたくさんいることが安心なのよね。。
実際の男性には、
体調を気遣ってくれるとやっぱりうれしいものですね。

さみしいのは、この世に1人じゃないから・・・。

世界中で自分1人だったら、泣くこともないだろう。

笑うこともないだろう。


感情は、表現するからいいんですね。

人間に備わっているなくてはならない表現。

誰かがいないとそうゆうのもないし。

結局、ひとつしかない時間を共有できると感じたら、それはほんとの恋ナノかもね。


男というのは、女に比べるますと無口です。

もちろん、男の中にもおしゃべりな男はいますけど・・・。

女に比べてということですけど。


彼と付き合っていて、

男の無口な一面に触れると、彼が冷たくなったという女性がいますが、

そんな事は決してないです。

女性は、黙っていることに耐えきれないのかもしれないですけど、

男は沈黙のまま過ごすことが出来る動物なんでしょうね。


男は信頼する女の前では無防備になるもの。

なので、無口でいられるというのは、リラックスした証拠です。

彼が以前よりも無口になったと感じたなら、

それだけ貴女に気を許しているって思ったほうがおいいのかもしれません。




相手のの気持ちを考えること。

自分の気持ちを大切にすること。

両方大事ですね。

これってすっごく難しい・・・・。

バランスが難しい・・・・。

どんなバランスが正しいのかな・・・。

自分で見つけないといけないことですね。


自分なりのバランスを持つことが必要。

見つかるといいですね。


自分の中のバランスに合う相手が見つかるといいですよね。


10代のころの恋愛は、ほとんどなにも考えていないかんじ。
男性にいわれるがままに、周りに彼氏がいる女性ががいたら、
わたしも・・・・。
って感じで、付き合って。

まだまだ精神的には子供だったのですね。
でも、そうゆう経験も必要。
男性に会って、自分がどう思うのか。
どう楽しいのか。
その時はあんまり考えていなくても、
年齢を重ね、ふと振り返って初めて思うもの。

10代後半、学生の人、社会人の人、フリーターの人いろいろ
だろうけど、やっぱり男性と恋愛しないと・・・・。

1 2 3